アセット

【Unity】Cube World - Proto Seriesアセットの紹介と注意点

バージョン

Unity:2021.1.13f1(Built-in)

Cube World - Proto Series:4.1

 

 

Cube World - Proto Series

今回紹介するアセットは『Bit』さんが作成した、こちらの『Cube World - Proto Series』です

 

 

Cube World - Proto Seriesはどんなアセットなのか

これに関してはアセットストア掲載のこちらの動画を見ればわかるかなと思います

 

キューブ型のオブジェクトを配置していきマップや地形を表示するアセットです

キューブだけではなく木や宝箱など様々な小物もあるのでこのアセットだけでオリジナルのステージを作ることは難しくないかなと思います!

 

Cube World - Proto Seriesの使い方

Cube World - Proto Seriesの使い方なのですが、3Dモデルなのでただプロジェクトにimportするだけで

使用できるようになるかと思っていたのですが何故か以下のようにマテリアルが表示されませんでした

 

(※購入したアセットをプロジェクトにインポートしている前提で話を進めます)

 

Cube World Set URP - Proto Series > Assets > Bitgem > Jungle_Cube > Prefabs > jungle_monster_cannibalプレファブを使用

マテリアルバグ

 

 

 

 

 

こうなった原因はおそらく2022-01-27のURP対応アップデートが関係しているかと思います

 

なのでひとまず、Unityは同じバージョンでURPでプロジェクトを新規作成して

アセットをimportすると無事表示されました!

 

URPにimport

 

 

 

 

 

これBuild-in(Standard)では使用できないのかなと思ったそこのあなた!

安心してください、Build-inでも使用できる方法を見つけました

以下、簡単に手順を解説します

 

手順1

まずは、先程のBuild-inのプロジェクトに配置しているオブジェクトを開いて適当に一つクリックしてみてください

(今回はarms_monster_cannibal_LOD0を選択しています)

キュラクターオブジェクトの腕部分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手順2

そしたらInspecterを見てください

キュラクターオブジェクトの腕部分

 

 

 

 

 

 

 

ここのShader部分で「Standard」を選択してください

 

これで無事表示されるようになったかと思います!

 

マテリアル正常

 

 

 

 

 

まとめ

今回はCube World - Proto Seriesアセットの紹介でした〜

箱庭系のゲームを制作しようと思っている人などにはおすすめのアセットとなっています!

ただ、URPに対応したことによってBuild-in(Standard)で使用する場合には一手間必要となっています

 

動画のような水を表現するためには以下のアセットが必要となります!

-アセット

© 2022 ITime