Flutter

【Flutter】Flutterの開発環境構築(Mac編)

スポンサーリンク

バージョン

Flutter:1.22.3

Dart:2.10.3

macOS:Catalina(10.15.2)

 

開発環境構築

大まかな流れは以下の通りです

1:Flutter SDKのダウンロード

2:パスを通す

3:動作確認

 

まずはSDKをダウンロードします

Flutterの公式サイトは英語ですがこの記事を読んでいけば大丈夫です!

Flutter-macOS-installにアクセスしてSDKをダウンロードします

Flutter SDK ダウンロード

ダウンロードが完了したらFinderを開いてダウンロードフォルダにある「flutter〜.zip」(今ダウンロードしたやつ)をダブルクリックで展開(解凍)してください

展開したフォルダ(flutterフォルダ)は好きなところに移動して大丈夫です

私はホームディレクトリ内に「Development」フォルダを作成し、さらにそこに「FlutterFolder」フォルダーを作成してその中に移動しました!

 

パスを通します

ターミナルを開いて

vi ~/.bash_profile

と入力してEnterを押してください。

ホームディレクトリにある「.bash_profile」というファイルを編集しますよという意味です

(vi というのはvimというエディタを起動しますよ的な感じです笑)

(vimに関してはこちらの記事「【初心者必見】最強エディタVimの使い方/コマンド30種まとめ」がわかりやすかったです)

 

bash_profileが開いたら、解凍したflutterフォルダ内のbinフォルダを指定してください追加してください

export PATH="$PATH:$HOME/解凍したフォルダまでのパス/flutter/bin"

私の場合は以下のようになります

export PATH="$PATH:$HOME/Development/FlutterFolder/flutter/bin"

入力したら保存して「.bash_profile」は閉じちゃって大丈夫です!

「.bash_profile」を閉じたら

source ~/.bash_profile

と入力して設定を反映させましょう!

ちゃんとパスが通っている確認しましょう

念のためターミナルを再起動して

which flutter

と入力してみてください

パスの確認

のようにパスが表示されたら完了です!

 

動作確認します

最後に、ターミナルで

flutter doctor

と入力してエラーが出たら一つずつ対処していってください!

 

参考URL

Flutter開発環境構築手順(2019年 保存版)

-Flutter

© 2020 ITime